コンテンツ

趣味としての ステンドグラスの楽しみ方

ステンドグラスはヨーロッパに起源を持ち、アメリカで盛んになった魅惑的な色ガラスの芸術です。

しかし、ステンドグラスは、1,000年以上の歴史の中で熟練され、繊細で奥の深いものとなっています。

 

     

今このステンドグラスが 一般的な趣味のクラフトとして  身近に楽しめるものになっています。

しかし ステンドグラスは基本的に手づくりで 熟練を要する奥の深いクラフトです。

簡単に習い 作ることが可能になりましたが、しかし オリジナルのアートな作品を作ろうとすれば

そこには、創意工夫と努力が必要です。

また 考えて作るその中に ステンドグラス制作の極意があります。

             
制作工程では ガラス削り一つをとっても、ハンダづけの作業一つをとっても、

やはり綺麗な作品に仕上げるためには ある程度の忍耐と熟練が必要です。


制作過程の大変さと それをのり越えて作品ができ上がった時の嬉しさや喜びを味わってこそ、

ステンドグラスの楽しさを理解できたと言えるでしょう。

            

 

『作りたかったステンドグラス』素敵で自慢のできる作品を作るためには

素直に技を磨き 工夫する心掛けが必要です。

いつまでも そういう態度で過ごせれば、素敵な作品は自分の手でできます。

                   

自由な制作ができる「ヴィトロー・ミニヨン」、 

東京(西日暮里)にあるステンドグラス教室に来て

 ”楽しい時を過ごしてください”  

 一人で趣味に浸れる時間です。