コンテンツ

ステンドグラス美術館に行くことで得られるメリットを3つ紹介!

見るもの全てを魅了するステンドグラス。海外では、教会や大聖堂などに様々なステンドグラスがあります。日本では美術館という形で、世界のステンドグラスが展示されています。そこでこの記事では、ステンドグラスの美術館やステンドグラス美術館に行くことのメリットを紹介します。ステンドグラス美術館に興味を持ってる方はぜひご一読下さい。

1.海外は教会や大聖堂にステンドグラスがある

海外のステンドグラスは主に、教会や大聖堂と呼ばれる場所にあります。そもそも海外では、「美術館でステンドグラスを眺める」というよりも、「教会や大聖堂で眺める」ことがほとんどです。それもそのはずで、ステンドグラスで有名なフランスでは、あまりの美しさから世界遺産に登録されている「ノートルダム大聖堂」があります。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。そんな美しいステンドグラスが世界遺産に登録されている場所があるにも関わらず、わざわざステンドグラス美術館には行かないでしょう。

1-1.日本にはステンドグラスの美術館がある

一方で日本には、海外にように立派なステンドグラスがある教会や大聖堂が少ないため、ステンドグラスを美術館に展示しています。

しかし、日本の教会にも素晴らしいステンドグラスが存在している場所もあります。それが、長崎県にある「大浦天主堂」という場所です。ここは、海外から日本にステンドグラスが持ち込まれるきっかけとなった場所で、ステンドグラス発祥の地でもあるのです。

またこの記事では、ステンドグラスが展示されている教会や大聖堂以外の施設を、「ステンドグラス美術館」と呼びます。

2.ステンドグラス美術館に行くメリットを3つ紹介

美しいステンドグラスがある美術館に足を運ぶメリットを3つ紹介します。紹介する3つのメリットは以下の通りです。

・美術館の雰囲気が癒しを与えてくれる
・ステンドグラスの歴史に触れることができる
・非日常体験で不思議な感覚を味わうことができる

2-1.美術館の雰囲気が癒しを与えてくれる

ステンドグラス美術館では、その特徴的な空気感が癒しを与えてくれます。静寂に包まれた館内、そこ一面に広がるステンドグラスの数々。美術館では、その雰囲気があなたに今まで感じたことのない最大級の癒しを与えてくれます。日頃の疲れが溜まっていると感じる方には、ステンドグラス美術館で、疲れを癒すことをお勧めします。

2-2.ステンドグラスの歴史に触れることができる

ステンドグラス美術館では、世界で有名なステンドグラスを取り寄せ、それを展示している美術館もあります。当時作られたものが、時代を超えて残り続けているのです。美術館に足を運ぶことによって、あなたの肌で感じることができます。当時の歴史に触れてみると、今まで感じたことのなかった思考にたどり着くことや、新しい自分を発見することにも繋がります。

2-3.非日常体験で不思議な感覚を味わうことができる

ステンドグラス美術館では、普段感じることのない非日常体験を味わうことができます。そもそも、ご自宅の窓や天窓にステンドグラスはほとんどないはずです。ですので、窓にステンドグラスがあるということ自体が非日常で、不思議であることは間違いないです。そんなステンドグラスから差し込む太陽光を浴びてみて下さい。あなたもきっと、今まで感じたことのなかった、不思議な感覚を味わうことができるでしょう。

3.ステンドグラス美術館に行くために必要な費用

ステンドグラス美術館に行くために費用はどれくらいかかるのかご存知でしょうか。行ってみたいと考える方は、かかってくる費用を前もって知っておきたいはずです。ステンドグラス美術館は全国各地にあります。ステンドグラス美術館は長崎から北海道まで、端から端まであります。足を運ぶ際には、交通費がかかります。

さらに、もちろんのことながら、美術館に入るためには入場料もかかるのです。その入場料は美術館によってそれぞれ異なりますが、平均相場は1,000円〜2,000円ほどです。したがって、美術館にいく場合には交通費と入場料がかかってくる、ということを理解しておきましょう。

4.まとめ

ステンドグラスは本当に美しいものです。ステンドグラスの魅力に気づいてしまえば、世界遺産である「ノートルダム大聖堂」足を運んでいることでしょう。もしもまだ、美しいステンドグラスをみていないという方は、一度美術館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

「ヴィトロー・ミニヨン」は、ステンドグラス体験教室です。美しいステンドグラスを「見る」だけでなく、インテリアや小物、アクセサリーなどを「作る」ことができます。あなただけにしか作れない、世界に一つだけのステンドグラスを「ヴィトロー・ミニヨン」で作って見ませんか。お問い合わせをお待ちしております。